肉料理

焼き鳥に合うおかず7選と副菜やスープ、おすすめ献立メニュー!

焼き鳥

家族みんな大好きな焼き鳥。

様々な部位に串ごとに分けてあるので、鶏肉の色々な味わいや食感を楽しめますよね。

お酒のおつまみにも最高ですし、子供たちにも大人気のおかずです。
 

ですが焼き鳥って、ついついそれだけで食卓に並べてしまいがちではありませんか?

私は以前そうでした…大量の焼き鳥を作って焼き鳥パーティーみたいな感じで食卓に並べるのですが、食卓が焼き鳥の茶色一式…みたいな感じです。
 

家族や友達は大喜びだったので当時はそれでいいと思っていましたが、調理の現場で仕事を始めてから考えが変わりました。
 

一品料理ですとまず、箸休めがないので早食いになってしまいがちです。

かきこむようにご飯を食べるのは、胃や腸に負担がかかって消化不良になります。

また、肥満のリスクにも繋がりますね。

もちろん栄養バランス的にも不安です。
 

やはりメインのおかずに副菜や汁物もきちんと足したいところです。

なので今回は、料理暦10年の私が、おいしい焼き鳥にぴったり合うようなもう一品のおかずと汁物、それから献立例などを紹介させていただこうと思います。

焼き鳥に合うおかず7選

1.しいたけのバター醤油

しいたけのバター醤油
出典:https://cookpad.com/recipe/5541523

炙るだけで簡単にできてしまうのに絶品の炙りしいたけのバター醤油。
しいたけは軸の部分を全部きりおとさず、色が変わっている先のほうだけ切り落とします。
しいたけの軸は傘の部分よりも柔らかくはありませんが、意外とコリコリとした食感がおいしいんですよ。
トースターかグリルで2分ほど焼き、焦げをチェックして大丈夫ならひっくり返して1分焼きます。
椎茸のじくを上にして、傘の部分のバター少量としょうゆを垂らして更に20秒~40秒ほど焼き、香ばしい醤油とバターの香りがしてきたら完成です。

クックパッドで「しいたけのバター醤油」のレシピを見に行く

2.枝豆の塩茹で

枝豆の塩ゆで

焼き鳥と言えばお酒が欲しくなりますよね。
なのでもう一品おつまみ的な何かを追加するなら、最も手軽にできるであろう枝豆の塩茹ではいかがでしょうか。
買ってた枝豆の両端を少し切り落とし、塩をふってゴシゴシこすり合わせて産毛をとったら、たっぷりの沸騰したお湯で好みの硬さまで茹でて完成です。

クックパッドで「枝豆の塩茹で」のレシピを見に行く

3.野菜の旨煮

野菜の旨煮

甘さ控えめでやさしい味付けの野菜の旨似は、主役の焼き鳥を引き立たせるのにピッタリのおかずです。
れんこん、にんじん、ごぼうなどの根菜を始め、干ししいたけやこんにゃくを一緒に茹でます。
最後にサッと茹でた絹さやなんかをトッピングすると見た目が華やかになりますよ。

クックパッドで「野菜の旨煮」のレシピを見に行く

4.ポン酢と胡麻油のお豆腐サラダ

ポン酢と胡麻油のお豆腐サラダ
出典:https://cookpad.com/recipe/1841226

お豆腐サラダはあっさりしているものが多いですが、焼き鳥の付け合わせとしていただくのなら、少し濃口の食べ応えのある味付けにするのもアリですね。
そこでしらす、かつおぶし、小口ネギなどを散して、ポン酢と胡麻油を和えたドレッシングで少し中華風のお豆腐サラダがぴったりだと思います。
最後に白ごまをまぶすと香ばしさも加わりますよ。
おつまみとしてもぴったりのメニューです。

クックパッドで「ポン酢と胡麻油のお豆腐サラダ」のレシピを見に行く

5.千切りキャベツの胡麻ドレ和え

千切りキャベツの胡麻ドレ和え
出典:https://cookpad.com/recipe/4569074

肉料理である焼き鳥の付け合せとして葉物野菜をたっぷり頂きたい場合は、キャベツの胡麻ドレッシング和えをオススメします。
千切り機でフワフワに刻んだ千切りキャベツに、オニオンフライをトッピングしてたっぷりの胡麻ドレッシングをかけていただきましょう。
オニオンフライは手作りするとおいしくできますがその分手間もかかるので時間のあるときに手作りしてみてください。
最近ではスーパーのドレッシングのコーナーに出来上がっているものが並んでいるのをよく目にしますので、そちらを使ってみると手軽に楽しめて良いと思います。

クックパッドで「千切りキャベツの胡麻ドレ和え」のレシピを見に行く

6.大根のしそサラダ

大根のしそサラダ
出典:https://cookpad.com/recipe/5483253

太めに千切りにしてバリバリとした食感を残した大根に、かつお節と刻んだしそをトッピングしてポン酢をかけていただきます。
サッパリとした味付けと大根のバリバリとした食感がたまらない小鉢料理です。
ガッツリ肉料理な焼き鳥の良い箸休めになること間違いなしです!

クックパッドで「大根のしそサラダ」のレシピを見に行く

7.串焼き野菜

串焼き野菜
出典:https://cookpad.com/recipe/2215789

あ、なるほど!と思った方もいらっしゃるのではないでしょうか!
私が最もオススメしたい焼き鳥のつけ合わせはズバリ、この串焼き野菜です!
しいたけ、ナス、オクラ、カボチャ、インゲン、ブロッコリー、ニンジン、ピーマン、ズッキーニ…食べたい野菜なら何を焼いてもOK!
焼き鳥と一緒に盛り付ければ、ものすごくゴージャスなパーティー仕様の食卓が仕上がっちゃいます!
しかも何がいいって、焼き鳥と一緒についでに焼けちゃうところがいいですよね。

クックパッドで「串焼き野菜」のレシピを見に行く

焼き鳥に合う副菜・スープ5選

1.豆腐と油揚げの味噌汁

豆腐と油揚げの味噌汁

万人受けする基本のお味噌汁ですね。
お子様を含めた家族で食卓を囲むときには一番定番のお味噌汁かもしれません。
あれば青ネギなどをちらすと茶色系おかずの焼き鳥と彩りのバランスがとれるかと思います!

クックパッドで「豆腐と油揚げの味噌汁」のレシピを見に行く

2.しじみのすまし汁

しじみのすまし汁

焼き鳥と一緒にお酒を飲む場合にオススメの汁物が、シジミのすまし汁です。
皆さんもご存知の通りシジミには肝機能の働きを良くする効果があります。
焼き鳥と一緒にお酒も頂きたいときは、しじみのすまし汁を飲んで肝臓を労わりましょう。
味噌汁にしても大変おいしいのですが、焼き鳥が塩分多めの肉料理なので、塩分の調整もできて、シンプルにしじみのおいしさを味わえるすまし汁として出すのがベストです。

クックパッドで「しじみのすまし汁」のレシピを見に行く

3.鯛のあら汁

魚のアラのおすまし

鯛の旨みがたっぷりと流れ出た絶品のあら汁。
焼き鳥とセットで出せば、肉も魚も味わえる豪華な献立の出来上がりです。
臭みをとるのに少々時間がかかるので手軽な汁物とはいえませんが、手間をかけた分食卓が豪華になります。

クックパッドで「鯛のあら汁」のレシピを見に行く

4.さきいかキムチ

さきいかキムチ
出典:https://cookpad.com/recipe/3942384

焼き鳥と一緒にお酒を召し上がりたい方も多いと思いますので、ここからは汁物ではなく、手間いらずに5分で作れるもう一品のおつまみをご紹介したいと思います。
さきいかと市販のキムチを和えるだけの絶品おつまみは、焼き鳥にもお酒にもよく会いますよ!

クックパッドで「さきいかキムチ」のレシピを見に行く

5.なめたけ

なめたけ

調味料とえのきをレンジでチンするだけで作れてしまう簡単なめたけ。
他の料理にトッピングとして使ってもおいしいので、覚えておくと色々な使い方ができると思います。
肝心の調味料ですが、砂糖、しょうゆ、酒、みりんをいずれも小さじ2でとても覚えやすいです。
忙しいときなどにはいちいちメモや料理ページを見直さなくても作れてしまうのは嬉しいポイントですよね。

クックパッドで「なめたけ」のレシピを見に行く

焼き鳥のおすすめ献立メニュー

献立例1

  • おにぎり
  • 焼き鳥
  • 串焼き野菜
  • 豆腐と油揚げの味噌汁

大人から子供まで家族みんなが楽しめるパーティーメニューとしての献立例です。
ごはんものはみんなで摘みやすいおにぎりやいなり寿司にしてみましょう。
串焼き野菜と焼き鳥で、バーベキューのように楽しい食卓を家族で囲んでください。

献立例2

  • ごはん
  • 焼き鳥
  • 大根の和風サラダ
  • しじみのすまし汁

和定食としてのメニューとしての献立例です。
お酒を少しだけ飲みたい、なんて時にぴったりの組み合わせだと思います。

献立例3

  • 梅茶漬け
  • 焼き鳥
  • 大根のしそサラダ
  • さきいかとキムチの和え物

焼き鳥と共に晩酌をするときに合う献立として考えました。
お酒をたくさん飲むときは味噌汁などの汁物よりももう一品のおかずのほうが欲しくなると思いましたので、ちょこちょこっとしたおかずを二つつけてみました。

この記事を書いた人

名前ぱおりん
自己紹介料理暦10年のぱおりんと申します。
得意料理は鶏肉料理です!焼き鳥、照り焼きチキン、から揚げ、鶏ハム、鶏肉なら何でも!作るのも食べるのも大好きです!
小学校の給食室で調理をしていたことがあります。
その経験から、栄養バランスやカロリー計算などを考えながら献立メニューを考えるのが得意です。
結婚後に退職し、遠方に嫁いで現在は主婦をしています。
現在妊娠中のため、調理の現場を離れ料理関係のライティング活動をはじめました。
肉料理
肉料理

肉料理のおかずについてのカテゴリーです。

他の肉料理のおかずも知りたい方はクリックしてください。

肉料理カテゴリーへ